--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-20

龍馬と薩長同盟成立

この前放送された「本当にあった!日本史サスペンス劇場」で坂本龍馬暗殺が取り上げられていました☆

良かったですよ~。
いろんな説を流れがよく分かるように解説してたし、再現ドラマも史実を意識してリアリティがあってすごかった♪
しかも面白かったーーw

これにつられて一つお話を。

薩長同盟は、慶応2年(1866)1月21日に坂本龍馬を仲立ちにして西郷隆盛と桂小五郎の間で結ばれた同盟。


文久2年(1862)、当時28歳の龍馬は土佐藩を脱藩して江戸へ出ます。
そして翌年の文久3年(1863)には、当時何も無かった神戸で海軍操練所を設立しました。
この頃の薩摩は影で攘夷を狙っていたものの、表向きは公武合体派で、長州とは犬猿の仲でした。後にも“憎しみ”が残るほどいがみ合っていたわけです。

元治元年(1864)、同年に起こった池田屋事件がきっかけとなって禁門の変が勃発!
幕府・会津・薩摩などの連合軍VS長州の戦いです。
坂本はその頃、禁門の変の知らせを聞いて勝海舟とともに、急ぎ京都へ向っていました。その道中で、敗走する長州藩士が刺し違えているのを見て内乱の危機をさとりました。
混乱の時代に先を読むのは至難のわざですが、龍馬はその才に長けていたんでしょうね☆

同年、第一次長州征討が起きました。ここでも幕府側の薩摩と長州は戦っています。
この戦争をきっかけに、龍馬はとばっちりを受けちゃいます;;
神戸の海軍塾が、長州に加担するヤツがいるという理由で閉鎖されちゃうんですよ。

同年8月、龍馬は勝の紹介で薩摩の西郷隆盛と会っています。その後も薩摩とよく交流しました。

慶応元年(1865)、第二次長州征討が起こりました。
龍馬はこの時京都にいましたが、薩摩へ渡り、その後長州へも行きました。その時桂小五郎と会うんです。
この時龍馬は、『長州に桂小五郎あり。』と記しています。
そりゃあ、“長州に桂小五郎”は定番メニューでしょうっ♪(笑)
・・・ハッ!そーいえばイバハチもこんな事言われてたよねvv

そんで、西郷と桂の話し合う場を設けるんです。
しかし、下関にていくら待っても西郷は来ません。そのうち、西郷ではなく中岡慎太郎が来て「西郷は大坂へ向った」と言ったんです。
これでは桂の面目が立ちませんよね・・・;

しかし龍馬はあきらめずに京都へ行き、西郷から直接来なかったワケを聞きました。
実は西郷は、藩命で幕府の動向を探っていたんです。

そのあと・・・
幕府→長州へ進軍
薩摩→幕府に見切りをつけ、倒幕へ


え~、一回では書けませんでした(^_^;)
次回へ続きます☆★


続きはこちら→龍馬と薩長同盟成立2
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

瑞貴by一発屋

Author:瑞貴by一発屋
幕末をメインに活動しております。
とにかくイバハチ愛です☆
基本なんでもありのブログですw

瑞貴はこんなやつ↓↓

タイプ:佐幕派長州贔屓(笑)
年齢:17
生年月日:4月7日
身長:高杉と同じ;;;
好きなもの:日本史全般、歌、漫画、F1
好きな人‐幕末:言い出したらきりがありません
好きな人‐有名人:オダジョ、山本耕史
好きな人‐音楽:島谷ひとみ、ALI PROJECT

詳しいプロフィールは・・・“こちら”

本家「一発屋-ippatsuya-」へはリンクからどうぞ。

このサイトはリンクフリーです。ご自由に貼っつけてやって下さい。
ご報告頂けるともれなく喜びます(^^)♪
メール・コメントは常時受け付けております。
喜んでお返事します☆

このサイトの文章・画像の無断転載はお断りします。

Thank you SAF1 Project
普及計画リスト
参加同盟・ランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。