--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-07

第10回「陽炎の辻」

第10回「とわの契り」。

切ない中にも暖かさ。。。

磐音は新年そうそう忙しいですねぇ。

尾張の遊郭と江戸吉原の白鶴太夫の取り合いですよ。一武家の娘が遊女となり江戸中の話題になるなんて、何かすごいですね。
尾張の連中は吉原に取られたのがどうしても悔しいらしく、奪い返そうとやって来ます。なんて諦めの悪いやつらだ・・・(笑)

かわって関前藩は、借財問題で参勤交代にあてる金も無いという惨状。
磐音はなんとかすべく今津屋にお願い。
でも参勤交代はかなりの金が必要ですもんねー。藩の予算の中でも結構な割合を占めるんですから、普通の藩でも大変ですよね。
ちなみに幕末には、参勤交代の予算削減のためにみんな走ったそうです(爆)「みんな走るぞー!」「現地集合だー!」「遅いヤツは置いてくぞー!」的な☆(笑)

そんで今津屋は2500両もの大金を用意してくれますが・・・困った関前藩、担保が無い!
そこで今津屋が言った言葉は・・・担保は坂崎磐音のお身体で☆
すんごいね磐音。2500両の値ついちゃったよ!

一方。
いよいよ白鶴太夫の廓入り。
白鶴太夫の行列は、根岸を発ち吉原大門へ。
行列は活きのいい男衆の唄とともに、なんとも誇らしげに江戸市中を進みますねぇ。
純白の着物に真っ赤な袴の白鶴太夫、すごく綺麗でした☆+゜
でも、奈緒も、それを見つめるおこんちゃんの心境も単純なものではありませんよね。
影から見守る磐音も切ない。

と、そこに尾張の連中が。素早く磐音が前に出、白鶴太夫のを背に次々と倒していくvv
この時の磐音のカッコよさ、何者も及ぶまい・・・!
ただ、エンディング曲のBGMが切なかった。。。


そして帰ってくる磐音を、雪降る中ひとり待つおこんちゃん。
おこんちゃんはどんな時でも磐音を心配し、気遣ってくれますね。
このひとは何があっても磐音のそばに居てくれる気がします。

何だか、優しいですねみんな。おこんちゃんも、奈緒と磐音のことを知った時の長屋の人も。
日々秋らしく寒くなっていくこの季節ですが、今回の陽炎の辻を見てすごくあったかいものを感じました☆


陽炎の辻・感想シリーズはこちら→第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

瑞貴by一発屋

Author:瑞貴by一発屋
幕末をメインに活動しております。
とにかくイバハチ愛です☆
基本なんでもありのブログですw

瑞貴はこんなやつ↓↓

タイプ:佐幕派長州贔屓(笑)
年齢:17
生年月日:4月7日
身長:高杉と同じ;;;
好きなもの:日本史全般、歌、漫画、F1
好きな人‐幕末:言い出したらきりがありません
好きな人‐有名人:オダジョ、山本耕史
好きな人‐音楽:島谷ひとみ、ALI PROJECT

詳しいプロフィールは・・・“こちら”

本家「一発屋-ippatsuya-」へはリンクからどうぞ。

このサイトはリンクフリーです。ご自由に貼っつけてやって下さい。
ご報告頂けるともれなく喜びます(^^)♪
メール・コメントは常時受け付けております。
喜んでお返事します☆

このサイトの文章・画像の無断転載はお断りします。

Thank you SAF1 Project
普及計画リスト
参加同盟・ランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。