--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-21

舞台「憑神」

レポ遅れてスミマセン!
憑神観たあと興奮冷めないまま剣道行ったもんで、家帰ってきたらぶっ倒れました(笑)


原作・浅田次郎、映画化にもなった憑神。
舞台の「憑神」の脚本・演出はG2さん。いい仕事してますねぇ~w
主人公を演じるのは中村橋之助さん。
そしてオランダ帰りの釜次郎を演じるのは葛山信吾さん☆

あらすじを少し紹介します。
時は幕末、所はお江戸。主人公・別所彦四郎は、代々将軍の影武者を務めてきたという御徒士の次男。ある夜、土手から転げ落ちて見つけた祠に手を合わせてしまい、3つの神様に憑かれることに。それも貧乏神・疫病神・死神というとんでもない神様だったわけで・・・

その憑神たちに翻弄されながらも、激動の時代「幕末」に必死に生きる武士のお話です。

※以下激しくネタバレあり!


まさにお金で買えない価値がある時間でした。
私は原作を読んでないのですが、これが初めて観た憑神、初めて観た舞台でよかったと思います。


私が観たのは10月20日の11:30からの公演でした。
観に行かれた方、やけにソワソワして「釜さん」連呼していた怪しいヤツが私です(笑)
11時前になると松竹座の前は人がいっぱい。この中のどのくらいの人が釜さん目当てなのかな~とか思いながらニヤけてました☆
でも年齢層は結構高くて女性の方が大半でした。

私の席は3階でしたが、結構見えやすい位置でラッキーでした。
座席チェック後に売店でパンフ&舞台写真をゲット!
舞台写真はもちろん5番の開陽丸を背に立つ釜さんvv
それが、私の前に並んでた人も後ろの人も5番を注文してたんですよ。こりゃ~真っ先に売り切れたな♪(ニヤリ。)

いよいよ開幕!
舞台初体験の私はどんな風に始まるのかドキドキでした。
そしたらBGMがめちゃカッコいいんだよ~
いきなり主人公出てくるしね。いきなり立ちションだしね。
主人公ってのは始まって少ししてから華々しく登場するもんだと思っていたので、これは面白い事になると直感。

予想外に大坂夏の陣!真田幸村が登場したーー!
大坂夏の陣での幸村はめちゃめちゃカッコいいんですよっ。でもこの話はまた後日。
ご先祖様かっけぇぇぇ。

釜さん!お早い登場でww
彦四郎とは幼馴染だとさ。御徒士に「釜次郎」って呼ばれてるよ総裁。
か、可愛いv(この時私はまだ知らなかった。この可愛さは序の口だということを。)
オランダ帰りの釜次郎、テンション高めですね。屋台でホントにうどん食ってましたよ。着物、羽織にズボンが何か似合ってました。オレンジのアクセントが目立っててよかったです。
でもね、「あぁ、いたのか釜次郎。」って言われてた(笑)

あと川路さんと立花さんが名前だけ出てきました。

第一部はコメディ部分が多くてめっちゃ笑えました♪
そんで休憩。。。お昼は梅田デパ地下で買ったいなり寿司♪
おいしかった~^^

しかし!こっからがヤバいんです!覚悟を決めて第二部スタート!

釜次郎の服が海軍制服にっ☆
舞台写真で見てはいたんですが、舞台でみるとやっぱり本物かと思うほどカッコいい。に、似合いすぎるよ総裁・・・vv

てかこれはもはや釜次郎主役ですか!?
淡路島沖での開陽VS春日の戦いの解説付きですよ。
これは幕末ファンにはたまらないっ♪
だってミニチュア開陽とミニチュア春日が出てきて火を吹くんですもの~ww

一部紹介しますと・・・
薩摩の春日は300馬力。比べて開陽は400馬力。
大砲も開陽のほうがたくさん装備されていて、圧倒的に開陽が戦闘力あり!
しかーし。当時の軍艦での戦い方は、船を横にし片方の大砲で撃ち、その間に反対側の砲弾をつめる・・・を繰り返します。
だから反転するのに重い開陽は不利。
この砲撃戦では、開陽のマストに砲弾が命中、春日は滑車に命中。
でも死傷者ゼロ(笑)
当時の火薬は質が悪いため黒煙が出てあたりが真っ暗になり、狙いを定めるどころじゃなかったんです。
そして、薩摩藩から早々に戻れと言われていた春日は退きますが、重い開陽は追わずに終わる。


という解説の後に、とんでもないことが!
司会をしていた(爆)貧乏神と疫病神が、釜次郎に「悔しがる榎本釜次郎」とか「何故か部下にウインクする榎本釜次郎」とか「じだんだを踏む榎本釜次郎」とかいうもんだから・・・☆
ものっそい可愛い釜次郎がみれたっ!
ウインクしたらその部下が近づいてきたよ。危ない釜次郎!ww

そして殺陣のシーン!
官軍に寝返った元幕臣の青山というヤツに囲まれてしまう彦四郎たちと釜次郎。
もちろん乱戦へ♪ここでもBGMがめちゃカッコよかったです。
釜次郎は置いてあった槍で応戦!殴ったり蹴ったりもしてましたけど。
と、置いてあった影武者用の甲冑を敵に投げつけた!
釜次郎「甲冑は戦いに使うもんだ」
彦四郎「いや使い方間違ってるーー!」
釜次郎はボケですか。
その後ようやく刀を抜きました。待たせておいて・・・カッコいいんだよチキショーvv

でも、その後の場面はいまいちピンとこなかったです。
死神・おつやが開陽座礁を予告したり、戦争は私が人間の数を減らすために仕掛けたんだとか言ったり・・・
戊辰戦争も死神の私が仕掛けた、とか言うんだもん。チッ。

でも、それを除けばその後はすごくよかった!
影武者として死ぬことを決意した彦四郎とか、幼馴染である彦四郎と釜次郎の別れのシーンとか、鳥肌立ちましたよ。
特に、開陽の名前の意味を言う釜次郎!
開陽とは、“夜明け”って意味で、北斗七星の3番目の星の名でもあるんですって。
はぁ・・・想うところが多いです・・+☆゜


観終って・・・
興奮というのか鳥肌というのか感動というのか。
すごく濃い時間でした。
もともと見ようと思ったのは、釜さんが出てるからという理由一つだけ。
でも観終って、釜さんだけでなく「憑神」というお話をまるごと好きになりました。
舞台で何がよかったって、主人公が釜さんに負けてないところ。
そりゃあ、カッコよさでは釜さんに勝てませんが、彦四郎には主人公としての堂々さ(態度ではない)や人を惹きつける力がありました。
それもこれも役者さんが心をこめてしっかり演じているからだと思います。
何度も言いますが私は舞台を観るのが初めてだったんです。
だからかなーり衝撃的でした。
いろんな想いとともに、「よっしゃ!これから頑張ろう」という力も貰った気がします☆

最後に叫ばせてください。
もう、出演したい!!斬られ役でいいからあの舞台に出たい~!!


ちなみに・・・
帰りに法善寺で拝んできました(爆)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

香音里さん☆

はい!もう一瞬にして引き込まれてしまいましたよ、お芝居の世界へv
何事も最初の印象一つで関心を持つか持たないかが決まってしまいますもんね。そう考えれば「憑神」に感謝です♪
殺陣のシーンがすっごく好きなんですが、もうすこし迫力があってもよかったと思います。
音楽に合わせたリズミカルで面白い殺陣だったんですが、すこーし“斬り合い”という場面にしては迫力が足りなかったカナ・・・と。
ああ~欲張りだな~私;;(笑)

舞台写真が2日後くらいから売られたってことは、もしかしたら香音里さんの回の写真かもしれませんよっ。でも手に入れられなかったのは残念ですね。。。
おつやのあの言葉は、何か・・・戦争を繰り返す人間を皮肉ったような、警告のような、作り手からのメッセージが見え隠れしていて逆に良くない印象になってしまった感があります。
あそこだけは共感できませんでしたねー。

ええ!?観に来てくれるんですかっww(気が早い)
実は歌手を目指しているんですが、舞台もかなりやってみたいですね~☆
ありがとうございますvv
頑張りますっ!!

瑞貴さん、こんばんは。
初めてのご観劇でしたか!初めて観たお芝居が面白かったかどうかって、その後もお芝居を観に劇場に通うかどうかにも繋がって来ます。私の場合はそれではまってしまい、劇場通いの道へ…
瑞貴さんもぜひ、観劇好きの道に踏み込んでください“ヘ( ̄ー ̄ )

釜次郎カッコ良かったですねぇ~。舞台写真は私が行った2日後くらいから売店に出たらしく、ゲットできませんでした。
私も、おつやが戦争云々を話すところは「違うだろ」と思いました。国のためにという志の元に死んでいった人達の事を、「増えすぎた人間を減らすため」とか言って欲しくないなぁ、と…。

>もう、出演したい!!斬られ役でいいからあの舞台に出たい~!!
瑞貴さんはお若いから、何にでもなれる可能性があります。ぜひ女優を目指して、将来舞台に立って下さい。絶対観に行きますよ~。




プロフィール

瑞貴by一発屋

Author:瑞貴by一発屋
幕末をメインに活動しております。
とにかくイバハチ愛です☆
基本なんでもありのブログですw

瑞貴はこんなやつ↓↓

タイプ:佐幕派長州贔屓(笑)
年齢:17
生年月日:4月7日
身長:高杉と同じ;;;
好きなもの:日本史全般、歌、漫画、F1
好きな人‐幕末:言い出したらきりがありません
好きな人‐有名人:オダジョ、山本耕史
好きな人‐音楽:島谷ひとみ、ALI PROJECT

詳しいプロフィールは・・・“こちら”

本家「一発屋-ippatsuya-」へはリンクからどうぞ。

このサイトはリンクフリーです。ご自由に貼っつけてやって下さい。
ご報告頂けるともれなく喜びます(^^)♪
メール・コメントは常時受け付けております。
喜んでお返事します☆

このサイトの文章・画像の無断転載はお断りします。

Thank you SAF1 Project
普及計画リスト
参加同盟・ランキング

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。